特徴と減らす方法

サプリメント

ヘモグロビンa1cという言葉はあまり効きなれない言葉です。これは血液中の赤血球の中にあるたんぱく質のことを指します。もう少し厳密にいうと、そもそも赤血球というのは、酸素を運ぶ働きを持っていますが、ブドウ糖ともつながることがあります。このブドウ糖とつながったヘモグロビンのことをヘモグロビンa1cと言います。このヘモグロビンの量で血液の糖分、つまり血糖値がわかります。そういう意味では人間の健康状態を把握する上で大切な要素です。このヘモグロビンa1cが増えると糖尿病と診断されます。糖尿病はそれだけでも身体にとって良くありませんが、合併症まで引き起こすことがあるものです。そのため、ヘモグロビンa1cは限りなくその量を押さえ込む必要があります。

それでは、ヘモグロビンa1cはどのようにすれば減らすことができるのでしょうか。これには運動や食生活の改善が挙げられます。高齢者の場合は無理な運動をしてしまうと身体に大きな負担になるので、食事療法がお勧めです。具体的な食品としては、高麗人参、田七人参が挙げられます。これらの人参には多くサポニンと呼ばれる栄養素が含まれていて、過剰なヘモグロビンa1cを減らして血糖値を正常に戻す働きがあります。他にも血行改善などの効果もあります。ただし、食事では好き嫌いもあってなかなか摂取することができない場合があります。そのような場合には、こうした成分が含まれているサプリメントを使って、摂取することが効果的です。