生活習慣を改めましょう

生活習慣病

男性

生活習慣病とは、生活習慣に起因する病気という意味です。そして、生活習慣に起因する病気には数多くの種類があるのも確かです。日本では主に、糖尿病や高脂血症、そして高血圧等が生活習慣病の代表的な病気として扱われています。中でも、生活習慣病の最たるものが糖尿病や高脂血症とも言えるのです。なぜならば、糖尿病や高脂血症は日頃の食生活の乱れや運動不足等が大きな原因となって起こる病気だからです。高脂血症の場合、血液中の総コレステロール値が高い状態のことを指すことが多いのですが、コレステロールにはldlコレステロールとhdlコレステロールがあって、特に問題なのはldlコレステロール値が高い場合です。そして、ldlコレステロールは別名悪玉コレステロールと呼ばれているのです。

高いとどうなるのか

血液中のldlコレステロール値が高いとどうなるのかというと、動脈硬化の引き金になると考えられているのです。動脈硬化になると、血管が詰まりやすくなります。そして、実際に脳の血管が詰まってしまうと、脳梗塞を引き起こして死亡したり、助かっても麻痺が残ったりすることになります。また、心臓の冠状動脈が詰まると、心筋梗塞となり心臓が止まって死亡してしまうこともあるのです。ですから、ldlコレステロール値を下げる努力が必要なのです。そのためには、食生活を見直し運動を心がける等、生活習慣を改める必要があるのです。また、ldlコレステロール値を下げる効果が望めるサプリメントもありますから、ネットを使って調べてみると良いでしょう。